■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 最新50

そんなに天才が必要なの?

1 :ある :1999/10/18(月) 02:53
話の魅力に必要ないのに、やたらと天才がいるきがします。
普通じゃいけないのかな?不可能なIQの人がいたり
するし。

2 :バカ盆パパと流パン3世は :1999/10/18(月) 02:55
OKですか?

3 :名無しさん :1999/10/18(月) 03:06
バナナフィッシュ描いた人、
天才好きだよね。

4 :流チ将軍 :1999/10/18(月) 03:10
ちのーしすーうせーんさーんびゃーく

5 :本号猛 :1999/10/18(月) 03:12
まけたー。IQ600

6 :某少女小説とか :1999/10/18(月) 03:16
OKですか?

7 :知る限り :1999/10/18(月) 03:16
駄ーティーペア、ユリがIQ230
戸ルーパー、都馬IQ250

8 :それはね〜 :1999/10/18(月) 03:17
説明役に最適なのさ〜。

9 :>4 :1999/10/18(月) 03:17
若い子わかんないよ・・・

10 :金田一少年 :1999/10/18(月) 03:17
180。
アインシュタインは300だっけ?あれ、そんなには無いか。

11 :ちなみに :1999/10/18(月) 03:21
盆パパとルピャ〜ンさ〜んせ〜はどっちもIQ300

12 :富士本瞳の小説には :1999/10/18(月) 03:25
おかしなIQの奴しか出てこない。

13 :ごめんちょっと聞かせて :1999/10/18(月) 03:29
中学とかで、なんか変なパズルみたいな?テストしたけど
アレはIQとやらのテストなの?
立方体積み重ねた図でいくつあるでしょう。みたいなやつ…。
結果は本人には知らされないとかだった気がするけど。
私、ほとんど解けませんでした。……。

14 :マンガさん :1999/10/18(月) 03:31
・描写や展開で『頭の良さ』を表現出来ない場合のハッタリとして、デジタルな数値が使われやすいかとし思います。
 スカウターで計る『戦闘力』と同じかな。



15 :>13 :1999/10/18(月) 03:33
うん、IQ…だと思う。IQテストの中にそういうのが
あったと思う。
ちなみに私はそれが一番好きだった(^^;

16 :元教師 :1999/10/18(月) 03:36
>13

都道府県によって違うかもしれませんが、IQは小学校の時検査していました。
それは学力適性検査ではないかと思います。 

17 :13 :1999/10/18(月) 03:48
小学校のときのことは覚えてないなあ…。ちなみに兵庫県民です。
学力適性検査…そんな名前だったような気もしてきました。
ありがとうございます。<15さん、16さん。

18 :IQが高いと :1999/10/18(月) 04:10
とりあえずキャラにハクがつくので使うのです。

19 :でも :1999/10/18(月) 04:18
あんまり頭よく設定しちゃうと動かす時にプレッシャーを
感じてしまってしょうがないっす。

20 :不治元瞳の小説 :1999/10/18(月) 04:28
IQ190くらいある女の子から、
「少女小説は文章が幼稚なものばかりで読む気がしなかったけれど、
友達に勧められた富士本さんのだけは面白く読めた」
というファンレターが来た事があるらしい。
とは言ってもあの世界はやっぱりおかしいよね・・・

21 :頭いいキャラってことは :1999/10/18(月) 04:30
こっちも考えてキャラを動かさないといかんよね。
面倒臭いよね・・・。

22 :天才って設定だけで :1999/10/18(月) 04:30
ストーリー中の行動が全然頭良さそうじゃないのって、あるよねー
ようするに、作者がバカなのね(笑)

23 :>20 :1999/10/18(月) 04:37
存在する可能性はあるけど、
IQが高い人はその事実を言いたがらない傾向にある。
でも情動や感情の発達はIQとは関係ないから
どうだろ。


24 :実は :1999/10/18(月) 04:40
自分のIQ知らないんですけど……

25 :うちの父ちゃん :1999/10/18(月) 04:44
小学生のときIQ計ったらめちゃめちゃ高くて
先生や周囲に驚かれたらしいけど、今では某地方国立大卒
しがない平サラリーマン(50代・ハゲがち)です。

26 :そーいや :1999/10/18(月) 04:46
EQってのもあったなぁ。
IQほど明確に数値化できないようだけど。

27 :私も :1999/10/18(月) 04:52
自分のIQなんか知らないっす。
つーか、みんな知ってるものなの?
もしかして小学校の時とかに聞かされた?

28 :んーと :1999/10/18(月) 04:56
わざわざ一人一人に報告はされなかった。
ただ、親が教えて下さいって先生に言って教えてもらう
申告制だったと思う。少なくともうちの学校では。
うちの親はそういうの興味無いので聞かなかった。

ずば抜けて高いとか、反対にちょっと低すぎるかも、
と言う時だけ学校の方から言ってくるんじゃないかなあ…(予想)。

29 :IQ :1999/10/18(月) 04:56
実はかなり高かったらしく、小学校でいろいろ検査されました。
だけど、今はしがない暴威図作家やってます(笑)
親には「おまえはIQだけ高くて……」と今でも言われます。
役に立ったことはただの一度もありません。
一瞬、両親を喜ばせるのには役立ちましたが、それだけだったので、
かえって失望は大きいようでもあります。
親不孝でごめんよ……

30 :本来なら :1999/10/18(月) 05:07
IQってどれだけ高いかを競わせるものじゃなくて、
むしろその反対、低めな子に適切な教育を受けさせる為の
ものなんだよね?確か。
それが頭が良さそうでポイントが高ければなんでもいいという
大人たちの考え方から、本来の主旨から外れてきてしまった
んだよね……。
漫画や小説の「猫も杓子もIQ高く設定」っていう風潮は、
ある意味この辺に踊らされているものだとも言えるかも。

31 :私は :1999/10/18(月) 05:14
具体的な数値は出したくありませんが、いわゆる「天才(IQ140以上)」の1歩手前でした。
小学1年生の頃、まわりが指を使って数えている中、ただ一人
計算して答えを出していたため、家庭訪問で「授業がやりにくいんですけど」
という理由で親が怒られたそうです。
中学生の頃は、数学などで先生の教えた方法とは違う方法を使っていて
怒られたり、理科で「原子の数は変わらない」と教えられたところで
「核融合や核分裂等の場合はどうなるんですか?」と質問し、
「中学では変わらないことになってるんだよ!」と怒られたり、
常に先生に煙たがられていました。
おかげでテストの結果に反比例して内申点はひどい物でした。

その後、某進学校である高校に入りますが、それまで「テスト勉強」なるものを
したことが無いため、テストの結果は特定の分野(数学の確率等、暗記の要らない物)を
除き散々たるモノでした。
ひたすらエレガントな解法を覚えるだけの数学に飽き、化学の細かい単純計算に泣き、
暗記のみの地歴に疲れ、結局、中堅大学に入り現在に至ります。
今ではすっかり呆けています。
知能指数は学歴には繋がりません。あってもいいことありません。
人生に疲れるだけです。


32 :なんか… :1999/10/18(月) 05:17
どう考えても31さんのあたった先生方が「ば〜か」って感じだ…。
ことごとくいい先生にあたんなかったんだね。

33 :>31 :1999/10/18(月) 05:19
いやーそこで惚けちゃったらもったいないと思うわ〜。
巡り合わせが悪いようにしか見えないもんね。

34 :父に :1999/10/18(月) 05:21
おまえはEQが低いと言われます。

35 :ふうむ :1999/10/18(月) 05:22
婦時本ひとみにファンレター出したIQ190の子も、
シャルル(ぷ)が自分の頭の良さ故に孤独になっていく様に
共感できて、だから手紙を書いたのかもしれないね。

36 :まりなシリーズ :1999/10/18(月) 05:42
なつかしい…

37 :IQ :1999/10/18(月) 07:18
・・は知らないなあ。うちらの時代は知能指数って言ってました。
IQは知能指数って訳すけど、この場合は別物だと思うんですが・・。
ちなみにこの手の数字、同人屋さんには自称も含めて高かった
人多いですよね。なんか関係あるのかなー?

38 :>37 :1999/10/18(月) 07:53
それは同人屋が皆 古代スカルトチュア王朝に仕えた戦士の生まれ変わり だからですぅ

39 :IQって :1999/10/18(月) 08:23
要はCPUなんだろうな(PCでいうところの)。
容量とかメモリとかで拡張してくのが勉学であり
社会適応であると。
CPUが500あったってメモリ8MBじゃ・・・ってとこ?


40 :>31 :1999/10/18(月) 10:32
あなたが実際どんな人かわからないけど
書き込みだけ見たら内申書低いのわかるような気がする。
(でも内申書なんてあてにならないということもわかる)
試験勉強したことないからボロボロってあなた・・・。
成績悪くても頑張ってる子を評価するのはあたりまえ。
暗記(というより覚える科目)が嫌いな子は努力が嫌いな子が多い。
ちなみに私は教師ではありません。
自分の頭の良さを活かせなかったのが惜しまれます。

41 :>31 :1999/10/18(月) 11:06
学校でやる知能指数検査は基本的に子供には教えません。
自分の頭がいいと思って勉強しなくなるバカが出るからです。
私もIQは小、中学校と一番高かったもので成績が悪いと
良く職員室に呼び出されて怒られました。
知能指数検査って基本的に考え方、効率、ある程度の
問題予測力があればはっきりいって簡単です。少なくとも私には
理科や数学の公式よりよっぽど一発勝負が効いて楽でした。
でもあんまり怒られるので中3の時、点数を加減しながら
自分なりに標準を取ろうとしました。(表紙に平均点が書いてある)
その時の指数が148。まあ普通にいえば天才って奴?
普段がどれだけ高かったか知りませんが、加減しまくった
この点だけは担任が口を滑らせて言ったので覚えてます。
こんなもん何の役にも立ちはしません。それで成績が悪ければ
自慢にもならないし却って最初に書いたような悪影響にしか
なりません。

実際私も大分後になってから
「いきなりあの時だけ指数低かったらあからさまに怪しいな…」と
気がつきました(笑)。その程度のおバカさんです。

42 :あのねー :1999/10/18(月) 12:15
私も高かったよ。知能指数。やっぱり再検査されたよ。
そんな奴学校に3人や4人はいるわけよ。
100人の中の1番の子はそりゃ頭がいいって事になるよねー?
ンでも、まず世の中の半分以上の人は、知能指数とは関係のない
価値観の世界にいくじゃない。さらに上には上がいて
ある程度選別されたレベル同士の争いになるじゃない。
そうなったら小学校の頃の賢さなんてもう全然関係ないよね。
子供の頃はパー同然の男の子とかが急速に賢くなってるし
こんちくしょーってなもんで。
そのことに中学、最低でも高校で気が付かなかった人はみんな
頭悪いよね。普通の人より。私が気が付いたのは高校の2年生。
ぎりぎりだったと今でも思ってる。
子供に知能指数を教えるのなんざ、幻想を植え込むのと一緒だよね。

43 :IQの :1999/10/18(月) 12:37
追跡調査ってのがあって、1920年代にすでに行われてるのね。
それでやっぱり子供の頃IQ高い人は生涯高いままで、学歴も高く
失業率は低く、年収は高いまま成功するというデータがあるよ。
その変わり却って情緒不安定で脱落する人も20%くらいはいるし
別に創造的分野で活躍するわけでもないというデータもある。

44 :31 :1999/10/18(月) 12:41
>32/33
そうですか。32さんや33さんは、きっといい先生に巡り会えたんですね。
私が出会ったような先生ばかりでは無いと思うと、少しホッとします。

>40
そうですね。
確かに私は「努力」というものが嫌いです。正確には「目に見える努力」ですが。

ところで、一つ勘違いされてるようですが、私は後悔などしていませんよ。
むしろ中学時代よりも現在の方が幸せです。
確かに先生には恵まれなかったかも知れませんが、友達には恵まれていましたから。
高校卒業後、中学時代の友人と久しぶりに会いました。
その友人が言うには、私が中学時代に何気なく言った言葉が
今でも支えになっているとのことでした。

そして、面白いことですが、今では私がその友人を支えに生きています。


45 :名無しさん :1999/10/18(月) 12:47
IQは、所詮、頭の回転の速さであって、CPUのはやさというのは
正しいと思う。
ソフトとデータがなければ、意味はないわな。
たしか普通の知能指数テストってたしか300までしか
わからないんじゃなかったかな?
それ以上のは一律300になってしまうって聞いた。

そいえば、家庭訪問でわしも高いといわれたな。
親いわく「全員に言っているんじゃないかな?」と言っていた。
冷めた親だったのう。少しはよろこべよ。

ところで、31さんは
社会性が低かったのでは?とちと思う。
「教師にむかって余計なこといわんほうがいい」という
判断はしなかったのかちら?

46 :IQじゃないんですが… :1999/10/18(月) 12:51
同僚や友人の中の極一部に、それぞれの分野で天才とまではいかない
だろうけど、才能に恵まれている…という方がいます。努力ではいかん
ともしがたい壁が存在する気がします。そういうのを目の当たりにする
時って、本当に羨望と挫折感で苦しい…。他人と比べるべきじゃないの
はわかっているんですが(^^;)
しかし、自分が天才でない場合に天才を描くのは不可能ではないかと
思います。じゃなかったら、自分が天才になれちゃうような気がします。

47 :>46 :1999/10/18(月) 12:59
探偵モノって大変だよね。
主人公が大抵「天才」だから・・・

48 :32 :1999/10/18(月) 13:18
>きっといい先生に巡り会えたんですね。

全然(笑)。ロクなのいないよ。
でもそれは頭と関係なく自分の性格がアレだから
妙に目立って目をつけられてたからだと自覚しています。
そんな環境の善し悪しとか出会った人のせいにすんなよ。

49 :その反対 :1999/10/18(月) 13:22
ちゅーのもある。
「指輪物語」の作者は普通よりIQが高くて、あくまで自分の
頭のレベルで文章を書くから、シリーズが長くなって話が込み入って
来るにつれ作者はもちろん理解できているけど読んでいる方はついて
行けない、ということが起こってきて、その結果として
「指輪物語辞典」とか、シリーズを解読する為の本が出来てくるように
なった…と聞いた。

50 :某ミステリ短編で :1999/10/18(月) 13:22
天才のはずの名探偵が、中学生程度の確率の問題を間違っているのに
かなりトホホな気持ちになりました…。
いや、いい話なんだけどさ。

51 :>49 :1999/10/18(月) 13:27
たぶん、大天才が書いちゃった小説なんかは、ちっとも面白くないに
違いない・・・。専門書でもかけや〜

52 :前にあめLで :1999/10/18(月) 13:54
同じスレッドがたった時、
「理系で頭のいい人間には所詮かなわない。小説なんかの
人間の心理は場数や経験でなんとかなるけど、頭のよさだけは
真似できない」という意味のことを書いたやつがいたっけ。
小説かも甘くみられたもんだよね。
心理描写なんてカンタンらしいぞ。

53 :>52 :1999/10/18(月) 14:03
ものによって、書く才能、技能って違わない??
小説家がノーベル賞ものの論文かけるとは思わないし、逆もほとんど
ないと思うな。
論文や報告書調の文章書く訓練してると、小説向きの文章も書けなくなるし

54 :考え方は :1999/10/18(月) 14:16
えらく立派だが、文章がどうにも読みづらい人って結構いるよね…。

55 :実は… :1999/10/18(月) 14:22
ルディ・ラッカーの小説は、なんとなくすごいような気がするけど
訳わかんない小説の筆頭……だと思う。

56 :IQの数値 :1999/10/18(月) 14:34
昔は平均は130〜160といった数値で180以上はかなりいいということでしたが
もう10年以上前から数値の出し方が違います。
いまは約半分になる数値を使っていますよ。
70もあれば頭がいいほうです。
90〜100は天才ということになっています。
漫画で300とか250とかめちゃくちゃな数字を使われると、いかに
その人が不勉強なのかわかりますのでご注意。
ちなみに、昔の数値の出し方で実在した人で最高は196だと聞いています。
昔の数値でも200以上はあり得ないですね。



57 :名無しさん :1999/10/18(月) 14:47
「天才」かどうかはわからないけど、
推理小説家の杜日呂詩は本職ですごい研究者だそうです。
そのせいかはわからないけど、彼の書いた「天才」は
ひと味違う人が多いです。

58 :こんな人も :1999/10/18(月) 15:15
おるでよ。花村萬月は見た目もカッコよくない?(笑)
http://www.nikkansports.com/news/entert/entert-etc3/98/sun981025.html
「日曜日のヒーロー」はこの人以外のインタビューも面白いの多いよ。
あと知能指数だったらここも読みやすいかも。
http://www2.n-seiryo.ac.jp/TEACHER/usui/koneko/5chinou.html


59 :42 :1999/10/18(月) 15:21
時々話してると、頭の回転が速くてこの人はきっと子供の頃から
頭よかったんだろうな、と思う事ありますよね。学歴には
関係なく。そういう人はみんな小学校の頃成績のよかった人が
多いみたい。漫画家なんかでも、頭の切れのよさが魅力の作品
描いてる人なんかも小中学に時には成績がよかったっぽい。
知能指数って奴がここに現れてるのかもなーなんて思います。
もちろんそれがすべてじゃないけれどね。傾向として。

でも高学歴同士の知能勝負(創作的な方面の話ではなく)に
なってくると本当にきっつい。52さんが言ってるあめLの
書き込み私も見たけど、創作うんぬんの話ははあ?って思ったけど
本当の天才がうようよしてる世界はこわーいって部分は
よくわかる。子供の頃の知能指数などどうでもいい世界ですわ。
モリ博さんの描く世界にリアリティがあるのは
そういう人種をじかに見たことがあるからでしょうね。

でも私、天才ってのは庶民のドリームでいいと思うんだけどなあ。
みんなそんなに嫌い?IQ250の痴将とか。お約束として
愛してます。漫画に出てくる天才キャラ。

60 :>59 :1999/10/18(月) 15:26
天才に見合った言動してくれるキャラなら大いに結構よ(笑)
でも、あまりにも凡人だったり、冴えなかったり、あほだったり
する天才が出てるようだと、はっきりいって、だっさー・・・です

61 :>60 :1999/10/18(月) 15:41
私あほはオッケーだな・・・。ところで具体的に
そういう凡人の癖に天才!!のキャラって誰?
今考えてたんだけどなんか浮かばなかったんだけど・・。

62 :>61 :1999/10/18(月) 15:52
とっさにおもいつくのは知将くらいかな。
しかし、周りの子の同人で、すぐ知性派出したがる人の作品の
天才君には「おまえ、それは凡人にだって思い付くよ・・・」と
突っ込みを入れたくなるものが多々・・・
たぶん、表現力が足らないんでしょう。

63 :>61 :1999/10/18(月) 16:08
知将はだめ?
あらご城に行くとき、鶴翼の陣をはったテキの策を破る手として、
真っ直ぐ突っ込んで行ったときには脱力したよ・・・
せめて、ものは言い様ってことがあるだろう〜〜〜(笑)

64 :62.63 :1999/10/18(月) 16:17
おおっと!!さっき飛んだかと思って書き直したんだけど、ダブルで
入ってやがる(笑)
許してー

65 :>59 :1999/10/18(月) 17:43

天才が庶民のドリームというのは同感。アストロで
ホームランをキャッチする為に球場の上空に、野手を
投げちゃうみたいな爽快感かな。古いな、すまん。

天才な登場人物は嫌いじゃない。けど、登場人物に成りきる奴に
イタイ奴が多い中でも、天才に成りきる奴はかなりイタタなので
好きな小説に天才が出ると、どっと気が重くなる。
どうイタタか、というと、
自分のプライドがむやみに高くて、それがゆがんで回りとうまく行か
ないのを、天才の孤高性ということにしてしまうので反省できない。
この勘違いをした奴が大発生するのはつらいものだ。

66 :スーパーマンみたいな :1999/10/18(月) 18:19
天才もいいけど、地に足をつけた普通の人をきちんと書く能力もないと
結局薄っぺらな作品になるんだよね。

67 :ケイゾクの主人公 :1999/10/18(月) 20:14
見てらっしゃる方がおられるといいんですけど・・・・。
「ケイゾク」というテレビドラマ(ビデオでも出てます)の
主人公の「天才」の表現はまあまあ良かったと思います。
http://cgi.tbs.co.jp/keizoku/cast02.html
知識力や解析力はものすごいのに、「感情」に付いては
理想主義的というか思い込みだけというか偏ってて。

でもなんだかここに「私はIQ低かったです」と書く人が
いないのも(書く人は高かったですばかり)っていうのは
なんだか65さんの書き込みの後半部分に当てはまって
しまうようで可笑しいですよね。容姿と同じように学歴や
家柄もここでいくらいいと書いても仕方が無いような気が
するんですけどねぇ。

68 :わかんない。 :1999/10/18(月) 20:19
みなさんどうやって自分のIQを知るの?
学校は調べるだけ調べて教えてくれない
もしかして値の高い人だけ、呼び出して
教えてくれたりするわけ?


69 :IQを計りたい方〜 :1999/10/18(月) 20:22
少し大き目の本屋に行けば売ってますよ何種類か
私もそれで計ってみました
でもほとんどが56さんのとは逆の古い数値ばっかりです
つまり本が古いってことかい!

昔小学校でやったときに裏面になんか書いてあって
確かみんなで一斉にやる知能テストではせいぜい150代くらいまでしか
計れなかったように記憶してます
時間の短さを計れないので(みんなで一斉にやるから)どう
満点とろうがせいぜいそこででるのは150代
だから値が高い子たちは計り直すんでしょうね

で、私も計ってみて結構いい数値がでたわーいやーんとか
思ってたらその本おかしい部分があるんですよ
IQ105くらいが境目でかかれてるんですがその時のIQ順位が
上位40%に入ってると書いてあるのに
IQ100を切った途端にいきなり下から40%と書いてあったり
間の20%はどこへ行っちゃったんだ??ってことで

70 :IQに :1999/10/18(月) 20:45
こだわる激イタな人を知っているからのう…
あまり口に出したくない。

71 :実は… :1999/10/18(月) 20:50
今とっても自分のIQとか、そーいった知ってみたい気がする……
だめだめなことがわかれば、もう理想にこだわらなくても良いのかも…と
自分に言い聞かせられるような気がした

72 :懐かしい話だ :1999/10/18(月) 21:36
中学時代の三者面談で、担任の先生に「お前はIQが175あるんだ」と
言われて母と驚いたが「一クラスに1人2人はいるんだ、それが成績に
結びつかない奴が……」と嘆息された。
確かに学年ど真ん中な成績しか取れた試しがなかったが(笑)

それで思い出したがIQを測ったらしいテストの時、隣の席の子と競争
するようにテストの答えを書いていた事があった。
あれでそんな数字が出たんじゃないかと思う。笑い話だなあ。

73 :同人界の人は :1999/10/19(火) 00:16
みんな結構頭良いと思うな。じゃないとマンが描いたり小説書いたりはできないでしょ。(性格のことはまた別だ。)
知能指数は頭の回転の良さは計れてもじっくりと物を考えるという能力は全然関係ないよなあ。制限時間内でパズル解いてるような問題だったもんね。
私が子供の頃住んでたところはすごい教育県で毎年IQテストをやってた。私は150くらいだったらしい。確かに短期の記憶物とかは得意だったけど結局じっくり努力できなきゃこの程度の頭の良さはどうってこと無いんじゃないかな。まあ、そこそこの努力で一流大学には行けたので親には感謝。でも私よりIQ低かった人は東大行ってるけどね〜。
天才というのはもっともっと上のレベルの人達なのね。

74 :IQ自慢は :1999/10/19(火) 00:25
牛魔王さまだけでモーじゅうぶんだよ……。

75 :学歴に関して言えば :1999/10/19(火) 01:23
IQというより親の小学生までの教育でしょうねえ。
高校でいきなり伸びたりする子って小学校でできてたりするのよ。
やはり環境だと思うのですが・・・。

76 :IQと人格 :1999/10/19(火) 01:30
って関係あるんすかねぇ。某所で某氏が、「20以上IQに開きがある人
同士は理解できない」(パラフレーズあり)ということを言っていた
が、そういったことを経験談として語れる人って不思議。12歳で自分
のIQを知ったとして、38歳まで、それをよりどころに、世の中に自分
が受け入れられないことを慰めてきたのだろうか。そうした人がいる
としたら、IQを高い人だけに告知する(IQ高い人は自分のIQ知ってる
んでしょ?)のは間違ってるのじゃないかなぁ。


77 :クリスマス爆弾カイワレ :1999/10/19(火) 01:31
動物的な奴は高かったよIQ。
麻布入った奴は平均以下。


78 :元教師 :1999/10/19(火) 01:40
IQの計測値は年の割におませさんは高くなります。
ただ、年齢がある程度あがってくるとあまり知能指数って関係なくなるものです。
IQが高くて勉強しなくてもテストの点数はとれる子供は確かにいます。
でも全く本人に学習意欲がないと、それも中学校一年までしか通用しません。
逆にIQがすごく低いのにトップクラスの成績の生徒がいました。
そのこの親は『あなたは知能指数が低いのだから、人並みになるには人の五倍は努力しなさい』
と教育したそうです。
その話を聞いたとき、要領の良さで学校の成績を取ってきた私は自分で恥ずかしくなりました。
同人でもそうですが、やはりこつこつと努力できる人って尊敬できます。

ご自分のIQを知りたい方は、地元の役所などを通して知ることができますよ。
情報公開などで自分の学校関係の書類は閲覧可能です。
ただ、内申書などは県によってはしぶるみたいですが。

79 :IQが一定以下だと :1999/10/19(火) 01:50
小学校入学の際に弾かれて普通学級へ行けません。
そのくせ先生は「人間は皆平等だ」と宣います。


80 :>79 :1999/10/19(火) 02:10
せっかくみんながまったりと話しているのに、あんたなによ?
78さんの書き込みに対してのあおり?


81 :元教師 :1999/10/19(火) 02:13
>79さん
あなた誤解していますよ。
知能指数で普通学級をはじかれたりしません。
あくまでもあれは親の希望です。
学校制度に文句があるのなら、ここではなくて文部省にいいなさい。
それに、小学校に入学時はIQまだわかんないですよ…

82 :>80 :1999/10/19(火) 02:15
考えすぎなのではー? あなたのカキコの方が恐いです。

83 :名無しさん :1999/10/19(火) 02:17
話の腰を折るよう不躾な書き込みは「煽り」とみなして放置するのが2ch流です(笑)
では話の続きをどうぞ。

84 :知らないほうが :1999/10/19(火) 02:33
いいみたいですね。IQ。
たぶん私は低いんだろうなあ。

85 :でも :1999/10/19(火) 02:38
話していても話の進め方や、考え方でアタマいいと思う事ってありません?
勉強できない奴(って、失礼)でも時たま見掛けるあの切れの良さは不思議です。
それと知能指数ってつながるのかしら?

私の世代ではもうIQテストはしていないので、良く分かりませんけど。

86 :自分の事言われてるようです :1999/10/19(火) 02:40
私、その元教師さんの言う通りの子供だった気がします
IQはかなり高かったと後から聞いたのですが、
努力しなくてもいつも100点で学校の勉強は退屈でした。
4年生のとき友人に誘われて行った進学塾でもトップクラス。
中学はそれなりに有名な所に入りました。
ですがエスカレーターで上がった高校の授業で、初めてつまづきがありました。
努力が出来ないんです。
いつのまにかこつこつ努力してきた同級生に抜かされてると気が付いた時
自分は能力の上にあぐらをかいてるのだと思い知りました。
気が付いたからといって性格が変るわけでもありません
努力しない性格は今でも変っていません
(しめきり前に大騒ぎするのもきっとこの性格のせいだと思う私・・・)

87 :思い上がりと嗤われても :1999/10/19(火) 02:44
共感を覚える書き込みだ……>86

88 :>86 :1999/10/19(火) 02:49
オレも高校で躓いたね。
高校は内容も増えてくるから要領だけじゃそろそろ難しくなってくる。

89 :>86 :1999/10/19(火) 02:53
それに気付いたあなたは立派。
気付かない人が今、巷で事件を起こしてるような人たちだよね。

90 :元教師 :1999/10/19(火) 02:53
>86
そういうあなたには他の子たちと同じ授業は退屈で当たり前ですよ。
授業が馬鹿馬鹿しくて意欲がもてなかったのはあなたのせいだけではないです。
学校の授業って平均点の子供を対象にすすめていきますからね。
本当は日本も英才教育とかしてもいいと思うんですけどね。
能力別でクラス分けした方が、本当はそれぞれ伸びるはずなのに、そうすると
差別しているとか反対運動が起きるのです。
変な横並び意識ですよね。

>私の世代ではもうIQテストはしていないので、良く分かりませんけど。

あれっ?じゃあやっていないところもあるのですね。
確か今10代20代の人たちのIQの記録はありましたけど。


91 :ところで :1999/10/19(火) 02:58
元教師さんは、なんで教師を辞めたんですか?

92 :元教師 :1999/10/19(火) 03:02
>91
県外の人と結婚したので、通勤距離が…しばらくがんばっていたけど
身体壊してやめました。
も、文部省のやり方は嫌いだったし組合にも疑問だらけでした。
国旗と国歌にも反対でしたので、もし結婚していなくてもいずれぶつかって
やめたと思います。
教え子たちとは時々、イベントで会います(笑)    

93 :そうなんですか? :1999/10/19(火) 03:05
>90
今10代ですけど、過去にテストを受けた記憶も無いし……。

親が一応そっち知っているので聞いてみます……。

94 :>元教師さん :1999/10/19(火) 03:08
仕事をしている時に「頭がいいな」って思う子は、大抵わりとしっかりとした高校を出てます。
出身大学は、あんまり関係ないかな、と思います。
高校入試って中学校までの成績の良し悪しで決まるとすれば、結局社会に出て通用する頭の良さは
中学時代までに培われちゃうのでしょうか?
(採用試験の時とかに、考えちゃいます)

95 :>私の世代ではもうIQテストはしていない :1999/10/19(火) 03:09
私等はやりましたが、最近はもう
(差別だという理由で)やっていないと聞いた覚えがあります

96 :元教師 :1999/10/19(火) 03:21
>94
 私は民間でOLもしていたのですが、社会に出て通用するかどうかって
成績ではないと思います。
一般常識や気配りなど、社会的な適性は一種の『躾』だと思います。
部活動や委員会活動を一生懸命にやっていると身に付くこともありますが
やはり家庭の教育が大きいみたいです。

教員も世間知らずが多かったです…『民間企業ってどんな仕事するの?』
同僚から質問されました。
具体的に社会のことしらない教師が進路指導しているのが現実ですから
学生のみなさんは自分の進路、もっと自分でしっかり考えてね。
『あなたはこの成績だからここがいいよ』が学校ではきっと関の山だと
思います。
長くなってすみませんでした。


97 :結局のところ :1999/10/19(火) 03:33
育った環境と親の躾でしょうね。
頭良くても、常識ない子はいるし、無礼なヤツもいるし。
高校行かないで、働いてる教え子にたまに会うけど
すごく頑張ってる子がいるし、そういう社会に出て光る子も
いるんだよね。私は、勉強のこともいうけど、
高校行ったら、大学(あるいは就職)、大学行ったら就職、
就職したら人生について考えなさいといつも言ってます。
とにかく何でも一生懸命やること。これに尽きます。

98 :身につまされる :1999/10/19(火) 03:36
学校の勉強って、「できないことをできるようにする努力」のノウハウを
身につけるところじゃないですか。
小さい時に変に分かりがいいと、その努力のしかたを身につける機会を
逸してしまって後々困ったことになったりしますよね。
(私も高校でキャパが尽きたくちです)

文系の「頭のいい奴」と理系の「頭のいい奴」って話してて思考経路が違う感じがしますよね。
理系の人は、とにかく最短で最適な解にすぱーんと辿りつく能力が高いって
感じで、こいつのCPUってどーなってんだ、と文系の私は感心することが多いです。

99 :確かに :1999/10/19(火) 03:39
勉強がよく出来ても鼻つまミンなドキュンだったり、仕事はとても勤勉だけど妄想狂のオタだったりするしねぇ〜。
一所懸命に生きてても複雑だなぁ。

100 :名無しさん :1999/10/19(火) 03:47
一緒に仕事をするなら、性格がキツくて負けず嫌いで、頭の回転が速くて、
常識人のフリが出来る人が良いなあ。

101 :そういえば :1999/10/19(火) 04:00
保育園の時に「えいさいきょういく」というものを受けさせられてた。
「えいさいきょういく」に行ってるんだよって友達に話したりしてた。
意味なんて知らなかった。そこの教室では積み木を組みたてたり、
ダンスをしたりするだけで、子供心にも「これって勉強なのかなあ」って
不思議だった。
それに、そこの先生達は私が少しふざけただけでも凄まじい目で睨んだ。
決して声に出さず、表情が恐ろしく歪む。
周りの子供達は授業中一言も声を出さなかった。
不自然な沈黙が3時間以上続く。怖くてたまらなかった。
今になるとあの空間は一体なんだったんだろうと思う。
私はその塾を卒業した後でミッション系の小学校を受けさせられて、
見事に落ちた。その後、高校まで公立校を通して都内の国立大学に入った。
どの友達に聞いてもそんな幼児向けの変な塾は知らない、と言う、でも
そういった何かおかしい教育機関が以前存在したのは間違いない。
誰か同じ所に通っていた人はいませんか?

102 :>101 :1999/10/19(火) 04:01
今でもあるらしい...(もっと過激なのが)

103 :英才教育では・・・ :1999/10/19(火) 04:03
「秀才」は作れるのかな?天才はムリでしょ。

104 :そういえば :1999/10/19(火) 04:07
小学校のときのテストの問題。
あれって文部省が出しているやつかなぁ。
カラーで刷られたきれいなやつ。
あれって簡単だから好きだったな。

大体満点だった。
こんなに簡単でほとんど満点とれるのに
テストにする意味があるのかとは思っていたけど。
他の子の点数知らないから、
自分が良いほうとも悪いほうとも思わなかった。
ごく普通だと思ってた。

今でも思いますが…小学校のときのテストは簡単でしたよねぇ?

105 :101 :1999/10/19(火) 04:12
簡単でした。全部解いた後でも時間が余ったよ。>104

106 :カラーのテスト :1999/10/19(火) 04:12
って文部省じゃないと。。。

私も点数良かった。
中学の頃も特に気にする事はないほど取れてた。でも高校でつまづいて
そのまま(笑)。

107 :あのね :1999/10/19(火) 04:21
私は中学のとき家事をしててお米洗うのに、いちいち炊く時の分量の水を
計っていれて洗ってたの。んでね、ある日突然
「あれ?洗う水はどうせ捨てるし、計らなくてもいいよね」と気づいて
なんか自分て頭悪いなあと思ってたけどホントに悪いんだなあと落ち込んだの(笑)

108 :>107 :1999/10/19(火) 04:25
かわいい〜

109 :>107 :1999/10/19(火) 04:26
惚れた嫁に来い。

110 :>107 :1999/10/19(火) 04:27
あなたかわいい…(笑)
一気になごんだ。

111 :>107 :1999/10/19(火) 04:28
2チャンネルで一番心洗われるカキコです(^^)。


112 :>107 :1999/10/19(火) 04:30
お母さんが教えてくれなかったのね。

113 :>107 :1999/10/19(火) 04:32
きっちりした子じゃのう・・・

114 :>107 :1999/10/19(火) 04:32
確かにかわいい〜〜〜。

おバカな人のほうが得だったりするんだよねん。
かわいいし。
天ボケとかはモテルかも。

115 :名無しさん :1999/10/19(火) 04:35
小中高校の同じクラスだった連中の脳味噌の軽さが未だに信じられません
…いや、オイラも高校からはテストはそんなには出来なかったけどね、IQ平均値より高かったらしいけど。
「朝顔に釣瓶取られてもらい水」も「塞翁が馬」も知らず、簡単な事も効率の悪い手順でしか物事を
進められないのが信じられませんよ、未だに。
っつーか知ってろよ、思い付けよって感じで。

あと女子が修学旅行の班分けの時に揉めたのもなんでか分らなかったなぁ。
うちはクラス内にトモダチいなかったんで平和でした(笑)

116 :107 :1999/10/19(火) 04:36
ご、ごめんなさい!!

そんな私も今では家事など一切やらないボーイズ描きなんです…。

117 :>115 :1999/10/19(火) 04:45
そんなの別に知らなくてもいいじゃん。
教養っていうのはその人の関心のある分野でしか
身につけられないんだから。
そんな普段会話に使わないような言葉知ってても仕方ないよー。
(でも私はそれくらいは知ってますが)
その脳みそ軽いって言われてる人たちも
あなたに対して「なんで●●のこと知らないのかな?」とか
思うことあったと思うよ。芸能人のことだったり、テレビのことだ
ったり。そればっかりだと脳みそ軽いってまた言うかも知れないけど。
人それぞれなんだってば。

118 :115 :1999/10/19(火) 04:48
107さん…かわいい……和みますな〜
うちの書き込みとは正反対(苦笑)

…でも、非天然さんが何人も寄ってたかってこういう結果だと可愛くなくなる…
……人間て難しい(ぉ)

119 :元、低能児 :1999/10/19(火) 15:57
私は小学校時代の知能テストで、「普通学級に付いていくのが大変だったら特殊学級にしますか?」
と、親が言われた口ですね。他にそういう人いません?
今にして思えば、多少自閉気味だったのかもしれないとも思いますが、
とりあえず振り分けの瀬戸際にいたようです。小学校4年の時の担任は、はっきり親に
「お宅のお子さんは馬鹿ですか?」とまで家庭訪問で口にしていました。
暗記が嫌いで、かけ算が出来ませんでしたし、先生が授業でおっしゃっている言葉が頭に入らないのに,
45分間,じっと座っていなければいけないのが辛くて、
何度も図書館などに脱走した挙げ句、授業中に隠れて机の下で本を読むという技を身につけました。
中学では定期テストが出来ないため、内申がひどく低かったのですが、
逆に入試の簡単な高校しか受験できなかったので、受験勉強が必要有りませんでした。
で、入った高校では楽して良い成績がとれたし、もともと出題範囲の広い
実力テストみたいな奴では,良い成績がとれたので、すんなり大学は推薦入学で入りました。
自分より勉強の出来た人たちが,塾に通って良い高校に入って、予備校にも通った挙げ句
受験で自分と同じ大学に来るのを見て、自分は勉強が出来ないおかげで楽できたのを実感しました。
(自習する習慣が18才まで無かったので、大学を出るのは大変でしたが。)
学校にいく以外の時間は、家の手伝いをしたり、本を読んだり,TVを見たり,経験を積み、知識を蓄積する
時間が普通の人よりあった分、会社に入ってからは何でも知ってる頭の良い人,使える人間扱いをされて、
かなり、良い気分ではありますが、結局頭がいいってのは一体どういう事なのか
馬鹿な自分には未だ解りません。
自分の子供達は、現在小学生ですが、知能テストを実施しているとは先生からは聞いていません。
実施されていたとしても、親に似て低い点数を取るんではないかと思いますが。

120 :29 :1999/10/19(火) 16:02
私は鏡に映ってる自分の姿と、
人が見たときの姿は違うってことに、
大学に入るまで気づきませんでした(笑)
ある日天啓を受けたように閃いたのです!
107さん、友達になれそうです・・・・

121 :>120 :1999/10/19(火) 16:05
それに自分で気付く人は結構賢いと思うけど・・・
自分はいまだに「そー言われてみれば」って感じだよ。

122 :天才って :1999/10/19(火) 16:06
お勉強がちょびっと出来るぐらいでは天才って言わないの。

123 :努力すればできる :1999/10/19(火) 16:07
と親や教師に言われつづけて、ずっと、その通りだと思ってきました。
「できるハズ…」の理念が苦しいです。
才能のある人と付き合うと、もうどん底です。

124 :>119 :1999/10/19(火) 16:19
今だったら、「学習障害児」と言われたかもしれませんね。
平均的な能力は充分にあるのに、漢字だけはなかなか覚えられないとか
計算だけはどうしても苦手とか、じっとしていることが出来ないなど
部分的なつまづきがある子供のことです。
周りがちゃんと理解してフォローしないと、本来の能力も発揮できない
ことがあるそうです。
ただ、こういうタイプの人は、思春期以降にぐっと落ち着く例が多いそうなので
119さんの例を見て、そういう子供もいる、ということを思い出しました。
決めつけたわけではないのですが、不愉快に感じられたらごめんなさい。

125 :>115 :1999/10/19(火) 16:20
http://www.tv-tokyo.co.jp/bangumi/akahaji/b_akah1.htm
ここの問題、全部わかる?
一応「常識問題」

126 :あこがれ? :1999/10/19(火) 16:23
お話のなかで天才がでてきて、それがそぐわないのは作者の憧れ?
実際に天才だろうが凡才だろうが登場人物の背景を上手に描かなきゃ
「天才」という設定だけでは読者には伝わりませんね。
天才ってひらめきのある人で、勉強のできる人じゃないと思うけどいかがですか。
ところで IQテストって、入学まもなく、意味のない計算とか特に勉強っぽくない
変なことやらせるやつですよね?ばかばかしくて途中放棄するのはIQ低い証拠ですか。

127 :>123 :1999/10/19(火) 16:25
ガキの頃、
教師に「努力すればできる」といわれて、
「どうすえば努力できるんですか?」って聞いた。
(こんな丁寧じゃないけどね)
教師に「がんばればいい」といわれた。
それで納得した。

今、考えると騙されていたんじゃないかと思う。
ふ・・・ついでだが私には「努力する」という才能がないようだ。


128 :>125 :1999/10/19(火) 16:26
この板の人は「弄ぶ」の読みの正当率は高そうだ。

129 :>127 :1999/10/19(火) 16:27
がんばっても越えられない壁があるもんだ。
そこんところを、誰もかれも教えてくれなかった……知った今
でもあがいてしまうのは、これはきっと、エベレストよりも高い
見栄心のせい……

130 :ああ、 :1999/10/19(火) 16:28
あれ、IQテストだったのか。
私しちゃった、途中放棄…

131 :>128 :1999/10/19(火) 16:33
う・・・放送みてたとき、
回りに家族がいるのに、大きな声で読んじゃって恥ずかしかった。

でも、アッチ系の変な意味に捉えていたのは
家族のなかで私だけかもしれない・・・

132 :ワタシも :1999/10/19(火) 16:36
高校で躓いたクチです。
数学なんてさっぱりぱりぱりです。
脳味噌も文系なんだか理系なんだかわからんような状態です。

さらにろくすっぽ学習内容が身に付いてない工業高校出のドキュンくんなクセして
某電機メーカーの子会社なんかにはいっちゃったもんだから
もう、目も当てられません。

133 :>125 :1999/10/19(火) 17:09
漢字の読み取りと熟語関係は大体判るんだけど
それ以外がサッパリです(T_T)
Y2KとかWWWとかのコンピューター関係ならまだしも
PTAなんて知らないよ(笑)

134 :>124 :1999/10/19(火) 19:10
119です。
確かにそうかもしれないです。
ただ、新聞やTVで見る限り、学習障害ってレッテル貼られると,かえって
単に「馬鹿」と言われるより,いじめられたりして辛い目に合うかもしれない。
日本の小学校が学習障害の子にきちんと配慮をしてくれるとも思えないから。
ただの馬鹿は病気扱いではないからけっこう気楽でした。
田舎だったから、女はもともと勉強できなくても,進学できなくても普通だったんで
プレッシャー無かったですし。

IQがただの発達の指針ではなく,絶対的な頭の良さの基準だと思う人がいるから、
天才ネタスレッドは,自分はIQが高かったと言う人の自慢話が多くなるんでは?
自分は、小学校1年生の時には100切ってたらしいです。(←逆自慢!)

135 :すてき :1999/10/19(火) 20:31
恥恥の7/7のQ1は、いまどき読めない方が当たり前では…
ゑがえということは知っているのだけど、ヰって言われてもねえ。
"い"だけど(笑)あんなんならわないよ普通。親世代の文字かな?

IQを計るサイトがどこかにあったと思うんだけど、どこだったかなあ…
自分のIQがどこぞに保存されているかもしれないなんてイヤンな話しだねぃ。

136 :ヰは :1999/10/19(火) 20:42
ニッカうヰスキーのヰですよん
確か提供で流れるときもこの字を使ってたと思うけど
最近はイなのかな?
あとは確か立原あゆ見のヰタ・セクスアリスで読みをみたわー(笑)
使う言葉がないよねこれ

137 :私は :1999/10/19(火) 21:00
IQが高かったらしいが、内田クレペリン精神検査の結果は良くないようだ。
数字が並んでいて、一桁の足し算を繰り返すやつ……。就職試験とか自動車
教習所の適性検査でやったことある人は多いと思うけど。

なんか異常な心配性のせいか、正確なんだけど作業量が異常に少ないという。
短期記憶はいいけど、長期記憶に自信はないし。物忘れヒドイよ(^^;。
絵も描けないしさ。図形の判断能力が長けていても、自分で表現できないのさ。
知能テストなんて意味無いですよ。ほんと。

138 :名無しさん :1999/10/19(火) 21:32
天才は忘れたころにやってくる。

139 :クレペリンと言えばさ :1999/10/19(火) 22:42
学校に絶対一人か二人珠算で段持ちの人がいなかった?
そういう人って大抵暗算も速くてクレペリンを
左から右まで行っちゃって「先生どうしましょ」と(笑)
そういう事態に陥っちゃった人を知ってます
結局端までたどりついてしまったら次の行をやれ!との指示が
でたらしいけどどんな結果がでたのやら

ちなみに私の友人はふざけながらやってて一行7つくらいしか計算
しなかったところ「判定不能」で返ってきたそうだ
それでいいのかクレペリン

39KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30