■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 最新50

あげ房対策本部3

1 :名無しさん :1999/09/13(月) 23:53
さあ隊長さん、こっちでもどうぞー。
ところで、3chにいけないんだけどなんで。


80 :やっと :1999/09/28(火) 03:53
対策本部復活ですね
ななしてぃーの悲劇を乗り越えて隊員49は
今日も行く

81 :嫌いじゃないけど :1999/09/28(火) 03:58
こんなダラダラやってないで酢みたいに数日でスッキリしてよ。


82 :隊長 :1999/09/29(水) 02:19
49「それにしても、本部は人使いが荒いぜ」
リエーテ「でも、もしかしたら第三部隊のみんなが生きているかも
しれないんですから」
先生「無事ならいいけど」
1「所で隊長、書庫って何なんですか」
隊長「書庫とは過去の遺跡の様な物だ」


83 :隊長 :1999/09/29(水) 02:20
リエーテ「・・・書庫で見つけたんです。遺跡スレッドに関する文献を
でも、そのとたんにさっきの人達が現れて」
12「フレイズ隊長は、まだ書庫に過去の信者達がいるかもしれないって
言っていましたね」
隊長「ああ、もしかしたら書庫にはまだ秘密があるのかもな」


84 :隊長 :1999/09/29(水) 02:23
−−−−−回想シーン−−−−−
フレイズ「早速で悪いが、レイ、第一部隊で書庫の探索に行って来てもらいたい」
リエーテ「なっ」
隊長「書庫に、なぜ」
リエーテ「そうです、危険ですよ、第三部隊はあそこで・・・」
フレイズ「そのことなんだ、実は、第三部隊の持っている緊急発信器の
電波をキャッチした。しってのとおりこの電波は持ち主が生きていないと
作動しない」
リエーテ「そ、それじゃあ」
49「まだ、生きている奴がいるってことじゃねえか」


85 :隊長 :1999/09/29(水) 02:23
フレイズ「そうだ、第一任務は書庫の探索、第二任務は第三部隊の生存者
の救助、第三任務は過去の信者達との話し合いだ」
隊長「たしかに、我々には遺跡スレッドをあげる意志はない。
ですが、奴らは遺跡スレッドの存在を知った者すら消しています」
先生「たしかにね」
フレイズ「わかっているが、一応な。だめならここへ戻ってきてくれ」
隊長「敵が攻撃してきたら?」
フレイズ「応戦は許可する。リエーテ、君も道案内をかねて彼らに
同行してほしいのだが」
12「でも、まだ怪我が」
リエーテ「大丈夫、いけます」


86 :まったり :1999/09/29(水) 04:52
しませんか?
オヤジ受けスレッドとも別れたことですし、
ファンの皆さんのカキコ求む。
急展開で気づいてない人もいるでしょうが、
フレイズさんも男前なオヤジよ・・・。

87 :私は嫌いよ :1999/09/29(水) 04:55
ゲラゲラ 開始10分前

88 :ん? :1999/09/29(水) 04:57
たくさんカキコ&リロードするのん?>87

89 :隊長 :1999/10/01(金) 03:18
フレイズ「よし、では任務を開始してくれ」
1「あ、あの」
フレイズ「なんだ?」
1「過去の信者ってなんなんですか」
隊長「それについては私が書庫につくまでに説明しよう」
1「わかりました」
先生「あなた、私もいっていいかしら」
49「あなた?」
隊長「カノンさんとフレイズ隊長は夫婦だ」
49「な、何ーーーーーーーーっ」


90 :隊長 :1999/10/01(金) 03:21
フレイズ「だめだ、ここで待っていろ」
先生「でも、奴らは強いのよ、レイだってまだブラスターが本調子じゃないし」
フレイズ「そうなのか」
隊長「ええ」
先生「それに、この子は能力者よ、連中はこの子一人にだって大群を
さしむけて来るかもしれないでしょ」
フレイズ「そうか・・・、わかった。ただし無茶はするな」
先生「わかってるわ」


91 :隊長 :1999/10/01(金) 03:27
フレイズ「それじゃあレイ、カノンをよろしく頼む」
隊長「わかりました。では第一部隊任務に入ります」
12「隊長、49さんが固まっちゃってます」
1「やれやれ」
−−−−−回想終わり−−−−−


92 :親切者 :1999/10/01(金) 03:34
すいません回しますよ

93 :うもれそうなんで :1999/10/02(土) 16:31
あげ

94 :隊長 :1999/10/05(火) 10:30
隊長「過去の信者とは、はるか昔に栄えた古代文明を今に受け継ぐ
者たち」
1「古代文明?」
隊長「書庫も、遺跡スレッドも、他の遺跡も、みな古代文明の遺産
だと考えられている。過去の信者達はそれらを守る者たちなんだ」
先生「でも、今の彼らは、何か前と違う気がするのよ」
隊長「たしか、対策本部は過去の信者との交流がありましたね」
先生「ええ、でもその時は遺跡のことを知っただけで殺すなんてことは」
12「内部で何かあったということでしょうか」
隊長「そうだな」


95 :隊長 :1999/10/05(火) 10:30
リエーテ「ここです、この洞窟を抜ければ書庫です」
1「一本道か、はさまれたら危険ですね隊長」
先生「私が、後ろにつくわ。レイは先頭をお願いするわね」
隊長「それがいいですね」
1「じゃあ、行きましょう」
12「あのー、49さんはどうすれば」
隊長「大丈夫だ。49もいざという時はやる奴だからな」
1「隊長、かいかぶりすぎじゃあないですかね」
49「・・・・・・・・」
先生「そんなにショックだったのかしら」


96 :隊長 :1999/10/05(火) 10:31
書庫内部地下29階
???「予定通り、対策本部が現れました」
???「ふっ、ばかな奴らだ。罠とも知らずに」
???「サイ様、どうなされますか?」
サイ「かまわん、一人残らず殺せ。奴らは私の計画のじゃまになる」
???「はっ、かしこまりました」
サイ「それから、ウィーテ達の追跡はどうなっている」
???「それが、まだ・・・」
サイ「今の私たちにとって邪魔なのは、あげ房対策本部とウィーテ達
過去の信者の残党だ。なんとしても見つけだし、殺せ」


97 :隊長 :1999/10/05(火) 10:32
???「あげ房達の方は?」
サイ「奴らには今まで通りの対応でかまわん。遺跡スレッドは
奴らの手であげてもらうつもりだからな。だからこそ、ウィーテから
あげ房達や対策本部に情報が漏れるとまずい」
???「今の過去の信者が2分していることがですか?」
サイ「そうだ、あげ房達には悪魔で過去の信者の団結意志として遺跡
をあげていると思わせておいた方が、楽に事が運ぶ。それに、対策本部
はまだ私たちが勘違いをして攻撃をしてきたと思いこんでいる。2分したと
わかればようしゃなく我々を攻撃してくるだろうからな」


98 :隊長 :1999/10/05(火) 10:32
???「たしかに、今上に来ている奴らも偵察が主任務のようですから」
サイ「今の所、全てが私の思い通りに進んでいる。早く手にいれたいものだ。
破滅の光を」
???「では、私はチェリオに命令内容を伝えてきます」
サイ「バルク、頼んだぞ」
バルク「はっ」


99 :隊長 :1999/10/05(火) 10:33
隊長「どうやら、罠だったようだな」
12「完全に囲まれています」
リエーテ「それじゃあ、第3本部のみんなは」
チェリオ「ふっ、まんまと現れたな」
1「お前は、本部にいた奴だな」
チェリオ「緊急発信器の電波は利用させてもらった。
さあ、死んでもらおう」
 ザザザッ。
12「こんなに敵がいたの」
先生「あら、一度やられたのにまた挑戦する気かしら。今度は
殺すわよ」
チェリオ「お前の相手は私ではない、ガゼル頼むぞ」
ガゼル「わかった」


100 :隊長 :1999/10/05(火) 10:34
1「もう一人出てきやがった」
12「あの人・・・」
ガゼル「行くぞ」
先生「レイ、彼は私にまかせて。後の奴を頼むわ」
隊長「無茶はしないでくださいね」
ガゼル「ふっ」
 シャアアアアアアーーーーーッ。
1「何だ、あの野郎を中心に何かが広がってくる」
12「フィールド!!」
ガゼル「これで、お前に勝ち目はない」
先生「なるほど、あなた能力者ね」
ガゼル「そうだ、風の能力者ガゼル」
先生「これは、やっかいな相手のようね」


101 :隊長 :1999/10/05(火) 10:35
1「このっ」
 ビーーーー、ビーーーー。
信者「ギギッ」
 ボンッ。
12「アナライズ終了。周りにいるのは全部ロボットです。」
 ダンッ、ダンッ、ダンッ。
信者「ガッ、ギギギギッ。」
 ボンッ。


102 :隊長 :1999/10/05(火) 10:35
隊長「数で勝負と言う訳か。こんなザコにつきあっている場合じゃない。
1、49、12、ここを頼むぞ」
チェリオ「はっ」
隊長「何っ」
 ヅガアァー。
チェリオ「あの女の加勢はさせんぞ」
隊長「・・・、殺るしかないようだな」
チェリオ「できるのならな」


103 :隊長 :1999/10/05(火) 10:36
まわします

104 :隊長 :1999/10/05(火) 10:37
まわします

105 :隊長 :1999/10/05(火) 10:37
まわします

106 :隊長 :1999/10/05(火) 10:37
まわします

107 :隊長 :1999/10/05(火) 10:39
まわします

108 :隊長 :1999/10/05(火) 10:40
まわします

109 :隊長 :1999/10/05(火) 10:41
新しく追加しました。

110 :ねー :1999/10/05(火) 18:19
このスレッドって、何のつもり?
むやみにあげてるやつなんていないじゃん。

111 :ひっそり :1999/10/05(火) 18:27
地雷やってたんだね。
まあ、いいじゃん、楽しんでしょ?

112 :やったー :1999/10/05(火) 18:36
久しぶりの対策本部だぜーい

113 :うもれてるんで :1999/10/07(木) 12:25
あげ

114 :隊長 :1999/10/09(土) 09:24
1「こいつら、どこからわいて来るんだ」
 ビーーーー、ビーーーー、ビーーーー。
信者「ギャギギッ」
 ボンッ
12「はっ」
 ヴォン、ゴーーーーッ。
信者「ガガガッ・・・」
 ボンッ
12「49さんあぶないっ」
1「ばか、よけろっ」


115 :隊長 :1999/10/09(土) 09:32
49「・・・・・・」
信者「ウオォォォン」
 ギィン。
49「こんな所でくたばったら、世界中の美女が悲しむってもんだぜ」
 バゴッ
信者「ブガグッ」
 ガチャン。
12「49さん」
1「たくっ、心配かけさせやがって」
49「一気にかたづけて、先生を助けにいくぞ」
1「ふられたのにか」
49「俺には、子猫ちゃんがいるからな。過去はふりかえらねえぜ」



116 :隊長 :1999/10/09(土) 09:34
 ダンッ、ダンッ、ダンッ、ダンッ。
チェリオ「金剛」
 ピキーン。
チェリオ「無駄だ」
 ビュン。
隊長「くっ」
 ギィン。
チェリオ「銃身で!」
 ダンッ、ダンッ。
チェリオ「風芯」
 ビュワー。
隊長(正面からの攻撃はあたらないか、仕方ない)
チェリオ「ふっ、俺には銃などきかないぞ」
隊長「そのようだな」
 スッ。
チェリオ「どういうつもりだ、自分の頭に銃口を向けて。自殺でも
する気か」
隊長「・・・」


117 :隊長 :1999/10/09(土) 09:36
ガゼル「この風のフィールド内では、風を使える者の力が
飛躍的に上昇する。勝ち目はないぞ」
カノン「さて、どうかしら」
カゼル「行くぞ」
 スッ。
カゼルはゆっくりと腕をあげ、振り下ろした。
カノン「!!」
 ズバッ。
カゼル「かわしたか、だがよくよけられたな」
カノン「風の刃ね」
カゼル「能力者は自分の属性効果を自由に扱える。このフィールド内
ならなおさらだ」


118 :隊長 :1999/10/09(土) 09:37
カノン「あなた、ブラストソードを知っているかしら?」
カゼル「ブラストソード? なんだそれは」
カノン「この世の中にはね、能力者でなくても特定の力の宿った
武具を使うことで、能力者の様な力を使うことができるのよ、これみたいに」
カゼル「それが、ブラストソードか。しかし、このフィールド内
で別の能力を使っても」
カノン「彼は、私の持つブラストソードがなんの属性かわからなかったのね。
だから、私の相手があなたになった」
ガゼル「?」


119 :隊長 :1999/10/09(土) 09:39
カノン「あなた、さっき言ったわね。この風のフィールド内では、風を使える者の力が
飛躍的に上昇するって。」
カゼル「まさか、その属性は」
カノン「このブラストソードの属性は、風。それがわかっていれば
私の相手は、別の能力者だったのにね」
ガゼル「ふっ、たとえお前が風の能力を使えても、勝ち負けは別の
問題だ」
 シュッ。
カノン「アルファブラスト!!」
 ドグワァアァアァーーッ
バシューーーーーーッ。
カゼル「相殺しただと」
カノン「悪いけど、ここで死んでもらうわよ」


120 :隊長 :1999/10/09(土) 09:40
隊長「・・・」
チェリオ「なんのまねだ」
隊長「時間がおしい、行くぞ」
 タンッ、シュン。
チェリオ「なっ」
 シュン。
チェリオ「う、うしっ」
 ダンッ、ダンッ、ダンッ。
チェリオ「ぐあああーーーっ」
 ドガッ。
チェリオ「なんだ、今のは」
隊長「もう、その右腕は使えないぞ」

121 :隊員 :1999/10/11(月) 08:37
あげましょ

122 :感想 :1999/10/11(月) 20:50
面白くないです。(T_T)

123 :ああ :1999/10/12(火) 03:48
真面目に糞面白くもない。

124 :隊長 :1999/10/19(火) 11:26
チェリオ「くっ、雷麗」
 ズガガガガーーーーーッ。
隊長「展開」
 ヴゥン。
チェリオ「ライトシールドだと」
隊長「終わりだ」
 ダンッ、ダンッ。


125 :隊長 :1999/10/19(火) 11:26
カゼル「はあぁっ」
 ブゥオォーーーーーッ。
カノン「無駄よ、アルファブラスト」
 ドグワァアァアァーーーーッ。
カノン「ベータブラスト」
 ブンッ。
カゼル「風よ!」
 ドガッ。
ガゼル「ぐああっ」
カノン「一気にいくわよ、ガンマブラスト」
 キューン、ゴオウゥゥーーーーーッ。
ガゼル「はっ」
 ドウッ。
カノン「かわしているだけでは、勝てないわよ」


126 :隊長 :1999/10/19(火) 11:27
ガゼル(つ、強い。とても一人では太刀打ちできないか。)
ガゼル「風剣」
 ヒューーーッ。
カノン「接近戦で勝負する気」
ガゼル「行くぞっ」
 ダンッ、ダンッ。
ガゼル「!!」
カノン「レイ」
ガゼル「障風壁」
 ブウゥワァッ。
隊長「風で、弾の流れを変えた。実弾兵器はきかないか」
カゼル「チェリオを殺ったのか」


127 :何だ :1999/10/19(火) 12:07
こりゃ・・・。


128 :いいかげんに :1999/10/19(火) 12:08
しておいて欲しいです。本当に。(^^;

40KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30